崖っぷち外資系CAの日常inシンガポール

コロナ禍でCA業がお休みに。思い切って渡米したものの4か月で帰星。これからどうなることやら。

4ヶ月放置した部屋でやってみたこと

シェアしてね

カビ部屋あらわる

 

シンガポールのホテル待機14日間が終わり、やっと出所いたしました。

 

待ち構えていたのは

4か月間

湿度パラダイスに放置された部屋!!

 

今まで熱帯に住んだことはありますが、常に誰かと住んでいたので長期不在にする際には誰かがクーラーを入れたり、換気をしたりする人がいました。

しかし今回は一人暮らし!大家さんに渡米の旨は知らせたのですが、特に何も言われず…(にしても自業自得ですが)

 

家のドアを開けた途端

もわっとカビ臭が!!

 

大家さん一週間前に清掃に来たって言ってたよね?さすがに臭いまで対処できなかったのかな?

とにかく臭いの根源を突き止めるべく臭い探知機と言われる私の嗅覚でクンクンクン!

 

いわずもがな、

ベッド周辺でした。

 

ベッドフレームも臭いが…

もうこうなったらどうにかするしかない!

カビ撃退大作戦

グーグル先生に聞くべく、ありとあらゆるサイトを読みまくったところ…

 

アルコール除菌

 

が一番効果あるとの事。

 

マットレスは買い替えることに。フレームはアルコール70から80%濃度のものをドラッグストアで購入!それをスプレー容器に入れ替え、キッチンペーパーに吹きかけたもので拭きました。

 

1回では落ちず、

3回でようやく臭いがなくなりました。(その間乾くのを待つ)

 

どんだけこびりついていたんでしょう!!!

 

兎にも角にも。

熱帯で長期間(1週間でも)家を空けるときは誰かに来てもらって換気してもらうか

窓を開けていくか長期家をあけないことです。高い勉強代となってしまいました。

 

もう二度と熱帯&夏場は湿度が高くなる場所に住まないと心に誓ったのでありましたー!!